So-net無料ブログ作成
検索選択

胃カメラを受診 [医療ネタ]

昨日、胃の内視鏡検査を受けた。
いわゆる胃カメラだ。
2年ぶりだ。

前日の夜は10時頃までに晩酌を済ますと後はやることがないから寝てしまう。
朝9時前に例の美人女医の診療所へ向かう。
看護師さんから前処置を受ける。
腕に注射、喉にゼリー状の麻酔を入れる。
これが肝心なのだ。
このゼリー状の麻酔をちゃんと喉の奥に浸透させないと胃カメラのコードが喉を通過するとき辛い思いをする。

さて、診察台に横になると美人女医が現れて「さぁ、これから内視鏡検査をしますね」といいながらわたしの手を握った。
手を握ることなど過去にはなかったので少々驚く。
マウスピースをはめられ、カメラのコードが突っ込まれる。
違和感なく喉を通り食道を抜け胃の中に入っていく。
わたしは横目でモニターを見ていた。
胃の中は随分赤くなっているように感じた。
十二指腸までカメラが入り、Uターン。
粘膜の一部を採取して検査は終わった。

終わると女医さんは「お疲れ様、終わりましたよ」とわたしの背中を撫でた。
こんなことも過去にはなかったことだ。
検査の患者に対する対応マニュアルが変わったのだろうか?

終わった後、女性看護師さんが言った。
「検査の受け方、上手ですねぇ」
こんな褒められ方をされたのは初めてだ。

検査の結果は悪そうなポリープ等はないが、慢性胃炎との診断。
慢性胃炎は以前から指摘されていたことだ。
原因は毎晩欠かすことのない晩酌だ。
だが、これはやめるわけにはいかない。
かといって酒を飲みながらの治療はあり得ないという。
悩ましい問題だ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。