So-net無料ブログ作成
検索選択

愛車の査定額 [出来事]

長年乗り慣れている我が愛車「パジェロイオ」。

登山の往復では林道をよく走った。
どんな悪路でも四駆を駆使し難なく走破した。
当時は年に1万キロは走っていただろう。
いわば運命共同体と言ってよい車なのだ。
今でこそあまり山道を走らなくなったので走行距離は伸びていない。

先日、オイル交換でいつも利用しているオートバックスを訪れた。

「ついでにこの車の買い取り査定額を出させて下さい」と言う。
「別に売るつもりはないし、古い車だし、金額なんてゼロだよ」と返答した。
年式が平成13年だから優に16年が経っている。
走行距離も11万㎞を超えている。
目立った傷などはないものの、そんな車に金額が出るわけがない。
むしろ、後付けしたナビや、ドライブレコーダーの方が価値がある。

「かまいません。お礼にボックスティッシュを差し上げます」と言われた。
特に断る理由もないので査定してもらうことにした。

オイル交換が終わり、ピットに呼ばれた。
「オイル交換と、エレメント交換が終わりました」と係員。

そして、おもむろに自動車買い取り見積書を広げて言った。
「査定額は・・・・・ゼロ円でした」

oi-mitumorisyo.jpg

覚悟はしていたものの、改めて「価値なし」を突きつけられるとね。
金額的な価値よりも愛車としての価値が比べものにならないほど高いのだ。
いまは亡き愛犬「サラ」が大好きだった車だ。
ほとんどの山行にサラは一緒だった。
助手席はサラの指定席だった。
そんな思い出がいっぱい詰まった愛車「パジェロイオ」

この車、壊れるまで乗り続けるつもりなのだ。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

ぎいち

この車には私も家族もお世話になっております。
末永く大事に乗ってください。
by ぎいち (2017-08-29 08:56) 

テッちゃん

ぎいちさん。
そうでしたね、ぎいちさんファミリーも何度か乗ってましたね。
自動ブレーキなど安全支援付の車が増えてきているのが気になります。
歳を考えるとこういった機能の必要性も必要かと…。
by テッちゃん (2017-08-30 10:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。