So-net無料ブログ作成
検索選択
山・ハイキング ブログトップ
前の10件 | 次の10件

明けましておめでとうございます [山・ハイキング]

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私は相変わらず大晦日から元旦に書けて丹沢表尾根、木の又大日の木の又小屋で過ごしました。
小屋では常連さんはじめ17名の泊まり客があり賑わっていました。

楽しみにしていたご来光は残念ながら厚い雲に遮られ拝むことができませんでした。
こんな年もあるんだね。
RIMG0004.jpg

天気はよかったので富士山がよく見えました。
定番の光景ですが…。
RIMG0006.jpg

RIMG0007.jpg

元旦は塔の岳経由で天神尾根を下り戸沢まで。

コースは以下の通り。
31日 戸沢~政次朗尾根~表尾根~木の又小屋。
元旦 木の又小屋~塔の岳~大倉尾根~天神尾根~戸沢。
「登り納め」と「登り初め」を一度にかなえられるコースなのです。

そんなわけで、今年もよろしくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大倉高原キャンプ宴会写真集 [山・ハイキング]

大倉高原キャンプオフ会のスナップ写真をアップします。

9月27日(土)
最高の天気! 日差しが暑いくらい。
RIMG0198.jpg

ぷ~さん到着
RIMG0202.jpg

早くもベンチの上は食材の山!
RIMG0204.jpg

全員集合。
RIMG0207.jpg

サンマの登場!
RIMG0209.jpg

さぁ、宴会のはじまり始まり~~!
RIMG0215.jpg

numataさんのライブの幕が開く。
RIMG0222.jpg

夏目さん登場。
RIMG0233.jpg

numataさんとぷ~さんのコラボ。
木々の緑をバックに雰囲気最高。
RIMG0239.jpg

日が落ちてもライブは続く。
RIMG0259.jpg


一夜が明け、朝の食卓。
RIMG0265.jpg

朝げも豪華!
RIMG0271.jpg

三々五々解散となった。
また一緒に遊びましょ[わーい(嬉しい顔)]
お疲れ様でした。


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

オフ会お疲れ様でした。 [山・ハイキング]

みな様、大倉高原キャンプオフ会大変にお疲れ様でした。
木の葉さんも参加していただき総勢7名の賑やかなオフ会になりました。
ご参加の皆さん、ありがとうございました。
おかげさまで楽しい二日間を過ごすことができました。
後日写真などアップしたいと思います。

☆ご参加の皆さん
ぷ~さん
遠いところお疲れ様、またライブがあったら呼んで下さい。

ぎいちさん、奥様ご夫妻
いやいや、あの大量の食材の荷揚げご苦労様でした。
おかげで食卓が華やかになり、美味しく頂きました。

numataさん
ギター弾き語り、拍手! バックの山の緑が似合います。

あすかパパさん
初めまして、山の川柳などにカキコありがとうございます。
これを機会にまた遊びましょう!

木の葉さん
ようこそご参加下さいました。お会いするたびに若くなりますね。

テッちゃん
よく飲みました。

RIMG0207.jpg

夏目さん、しんちゃんの飛び入りがありました。
ありがとうございました!!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大倉高原キャンプオフ会のお知らせ [山・ハイキング]

下記の要領でオフ会を行いたいと思います。
久しぶりのオフ会です。
万障繰り合わせの上ご参加下さい。

日時:9月27日(土)~28日(日)
場所:丹沢大倉尾根 大倉高原山の家キャンプ場
時間:昼頃から明くる日まで(テント泊)
食べ物、飲物、アルコール類は各自持参して下さい。

参加できる方はコメントするか、メールを下さい。
多数のご参加をお待ちしております。
楽しくやりましょう!!


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

御岳山に行ってきました [山・ハイキング]

18日月曜日、奥多摩の御岳山に行ってきました。
この猛暑に低山とは無謀と言えば無謀だが耐暑訓練をかねて大汗をかきに行ってきた。
ケーブルカーの滝本駅に着くとなんと駐車場が満車!
しかも、ケーブルカー乗り場は車道まで長い行列ができている。
ここは10回以上来ているがこんなことは初めてだ。

RIMG0025.jpg

隣の男性に聞くとレンゲショウマの見頃の時期でアマチュア写真家や観光客で溢れているのだという。
なかには宿坊に泊まりがけで来る人もいるという。

RIMG0026.jpg

ケーブルカーの御岳山駅を出るとレンゲショウマの群生地を避け御岳神社から長尾平に出る。
こちらはハイキング客だけで花を見る人は少なくなる。
七代の滝を観てキツい鉄のはしごを登りロックガーデンの登山道に出る。
RIMG0032.jpg

トイレのある東屋に到着。
若いカップルや家族連れで賑わっていた。
いつ来ても雰囲気の良いところだ。
RIMG0034.jpg

綾広の滝。
今日は滝に打たれる修行者はいなかった。
やっぱり修行は厳寒の時期なのだろう。
RIMG0035.jpg

今日はここでおしまい。
時計回りに緩やかな道を歩き長尾平に戻る。
売店街に出ると氷の旗が目に飛び込んできた。
思わず店に入りかき氷を注文したのであった。
RIMG0040.jpg

いい汗をかいた一日であった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雲取山へ行ってきました [山・ハイキング]

高尾山からスタートした奥多摩探検隊シリーズの最終回は雲取山。
20日~21日の日程で行ってきました。
1日目は晴れたり曇ったりで、もしかすると夕方頃ら雨が降る心配があった。
鴨沢スタートで雲取山~雲取山荘(泊)の行程だ。
前に登ったのはいつだったか調べてみたらなんと18年前だった。

七ツ石小屋。
RIMG0091.jpg

小屋からの眺め。七ツ石山への稜線が見える。
RIMG0093.jpg

七ツ石山に到着。
RIMG0095.jpg

次のピーク、小雲取山への登りのきついこと。
18年の体力の差は歴然、甘く見ていたな。

やっと雲取山に到着!
黒い雲が多くなってきた。
周囲の展望がガスで見えなくなった。
日が落ちる時間だ気温も下がってきた。
RIMG0100.jpg

山頂から急な下りをこなすとまもなく雲取山荘だ。
RIMG0104.jpg

建て替えたのはいつだったろう。
以前来たときとは様子が違っていた。
不便なところはトイレが外にあって靴を脱ぎ、専用のスリッパに履き替えなくてはならない。
夜中にトイレに行くのが億劫になる。
以前から外だったっけ?

夕食は定番のハンバーグ。
ライスのみおかわり可。
RIMG0109.jpg

消灯前のひととき。
RIMG0110.jpg

ちなみに朝食はこれまた定番の鮭。

この日は平日なので登山者も少なめ。
テント泊のグループも数組あった。

部屋は男女別の相部屋。
部屋の真ん中に炬燵が置いてある。
夜中に強風と雨の音が窓を鳴らす音で目が覚めた。
明日の天気は間違いなく雨だ!

2日目。
風は収まったが朝から雨。
4時30分起床、5時00分朝食、6時00分出発と忙しい。
6時10分、雨具に身を包んでいざ出発!
この雨じゃメモも取れない、カメラも使えないので全てしまい込んだ。

下山は大ダワ~白岩山~お清平~霧藻ヶ峰~三峰神社。
18年前は三条の湯経由で下山したので、このコースは未知の世界だ。
登ったり下ったり下ったり下ったりの繰り返し。
昼間の気温5℃。
立ち止まっていると寒い。

お清平の手前はやせ尾根の急坂。
お清平に着くと小雨になったのでカメラを取り出して今日初めての一枚。
RIMG0111.jpg

ちょっとの登りで霧藻ヶ峰に到着。
休憩所の小屋やトイレがある。
晴れていれば両神山が目の前に広がっていると言う。
RIMG0112.jpg

いっこうにやむ気配がない雨の中、ゴールの三峰神社に到着。
ザックはビショビショ、中身もビショビショ。靴下もビショビショ。
丸一日長時間雨の中を歩いたのも久しぶりだ。

18年ぶりの雲取山、人が少なく静かな山だった。

1日目 出発10時20分 雲取山荘到着17時26分 歩行時間7時間6分(休憩含む)
2日目 出発6時10分 三峰神社到着11時40分 歩行時間5時間30分(休憩含む)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鍋山行 [山・ハイキング]

昨日は鍋山行があった。
場所は西丹沢の畦が丸手前にある一軒屋避難小屋。
当初は権現山の予定だったが予想外の寒さと朝から小雨が降っていたため急所小屋のあるところに変更となったのだ。

小滝橋の林道を入ったところに車を止め歩き出す。
ツツジや終わりかけの山桜が美しい。
RIMG0006.jpg

今日のメンバーは総勢7名。
1時間10分程度で小屋に着いた。
RIMG0007.jpg

団体の登山者が三組、沢登りのメンバーが一組通り過ぎていった。
避難小屋を占拠して鍋が始まった。
RIMG0014.jpg

寒い日は熱々の鍋に限る。
RIMG0013.jpg


RIMG0011.jpg
鍋のあとはうどんを入れる。
出汁が滲みてこれが美味い!

たらふく食ったあとは早々に撤収。
もう12時過ぎには下山開始。
こんな案配だから高速道路もスイスイ。
家に着いた時間も新記録の早さ。
山行中雨が降らずによかった。

そういえばこの日は「秦野丹沢祭り」だったのだ。
あちこちで祭りのはっぴを着た人たちを見かけた。

渋沢駅ロータリーにあるトイレがいつの間にか建て直されて新装になっていた。
気持ちよく利用させていただきました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三頭山から奥多摩湖へ [山・ハイキング]

今月8日、三頭山から奥多摩湖までの尾根を歩いた。
これはシリーズの「奥多摩探検隊」の8回目のコースなのだ。
6回、7回が大雪で中止になり代替えの日程も組まれたが都合がつかず不参加となった。
2回の行程を飛び越して8回目の三頭山となったのだ。

三頭山の大滝近くの東屋が雪でつぶされていた。
RIMG0001.jpg

久しぶりの三頭山、懐かしい。
あまり人はいない。
RIMG0010.jpg

うっすらと富士山が…。
RIMG0013.jpg

都民の森から登り、三頭山~入小沢ノ峰~オツネノ泣坂~イヨ山を経て奥多摩湖に下りる。
このコースが意外と長い!
おまけにアップダウンが多く特に下りの急なこと!
「オツネノ泣坂」とはよく言ったものだ。
9時50分に都民の森から登って団体と言うこともあるが7時間ほどかかっただろうか。
奥多摩湖の浮き橋を渡る予定だったが風が強かったとの理由で通行止めになってしまった。
RIMG0017.jpg

仕方なく奥多摩周遊道路までバスに来てもらい数馬の湯に立ち寄る。

登り標高差530m。
下り標高差1,030m。
細かいアップダウン多数。
足に来る尾根だ。
久しぶりに筋肉痛になった。

来月は最終回の雲取山だ。
これも楽しみなのだ。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奥多摩探検隊⑤ [山・ハイキング]

昨日は「奥多摩探検隊」の第五回目があった。
この日は上川乗バス停から浅間峠へ上り笹尾根を歩く。
日原峠を経て土俵岳(1005m)へ。
s-40020140114_130132.jpg

予定では笛吹峠から笛吹まで下りるはずだったがこの道は現在通行止めになっている。
そのためひとつ手前の小棡峠から笛吹まで下った。
軽アイゼンを持って行ったが所どころ凍っているところはあったが何とか履かずに済んでしまった。
寒い一日であったが山を歩いているときはさほど寒さは感じず、透き通った空に遠くの山々までよーく見える。
5時間強の行程。
下山後は瀬音の湯で汗を流す。
よい山行だった。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイゼンを新調 [山・ハイキング]

大晦日に木の又小屋へ登った時、政次郎尾根を使った。
中腹あたりから雪が残っている箇所が多くなってきた。
この辺りからスパッツを着けておいた方がいいだろうとスパッツを着けた。
さらに登ると雪が凍ったところがあってすべりやすい場所が所々出てきた。
この辺りで軽アイゼンを付けておこうと4本爪のハイキングアイゼンを付けた。

表尾根に出ると早速泥濘の田んぼ状態。
グチャグチャ歩きながら休憩場所を探した。
尾根の端で休憩をしながらふと足元を見ると左足のアイゼンがない!
何処かで外れてしまったようだ。
あとから来た、木の又小屋の常連さんに「アイゼン見なかった?」と聞くが誰も「知~らない」とつれない返事。

元旦の朝は片足アイゼンで塔ノ岳へ向かった。
特に危険なところはなかったが、片足でも何とかなるものだ。

で早速、好日山荘でアイゼンを2種類買ってきた。
先ず、6本爪アイゼン。
こちらは「奥多摩探検隊」で必須と言われているので遅かれ早かれ買わなければならないものだった。
昔買った6本爪アイゼンも持っているが紐を結ぶタイプで面倒だった。
今日、買ったのは「ラチェットアイゼン」
カチャッとバンドをはめて締めるだけで脱着調整が薬なのだ。
RIMG0086.jpg

こんなケースに入っている。
RIMG0084.jpg

外箱はこんな感じ。
RIMG0089.jpg

4本爪はこちら。
これなら外れてなくすことはない。
RIMG0081.jpg

RIMG0083.jpg

アイゼンに振り回された年末年始だった。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 山・ハイキング ブログトップ