So-net無料ブログ作成

IT時代のカンニング [雑感]

大学入試試験の会場から携帯で質問し回答を得るという新手のカンニング事件が大きく取り上げられている。
外部協力者がいるのではないかとの疑いがあったようだがどうやら一人でやったらしい。
股のあいだに携帯を挟み、左手でメールを打ち右手で答案を書く。
器用な若者がいるものだ。
ケイタイ世代の若者はキーを見ないで文字を打てるらしい。
わたしのようなじいさまには考えられないことだ。
パソコンのキーボードでも難儀しているのに、ケイタイのテンキーで文字を打つなんて至難の業だ。

スマートフォンならキーボードが表示されるのでテンキーより打ちやすいかなと思って買ったのだが…。
液晶に表示されるキーボードが小さくて打ちにくいことこの上ない。
指の先でタッチしても隣の文字をさわってしまうのだ。
何回もやり直し1行打つのに1時間もかかる。
慣れるのに10年ほどかかりそうだ。
電話しちゃった方が早い。

Yahoo!知恵袋に質問し、回答を得るというネット社会ならではの出来事だった。
分からないことはネットに聞け、というワケで自分も分からないことはネットで調べることがよくある。
これを入試に利用するというアイデアが凄い。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。